地鶏と卵の通信販売 中村農場

中村農場

鶏インフルエンザに関して

日本では79年ぶりに鳥インフルエンザが発見されました。
ちまたの人々は、ベトナムで鳥インフルエンザに感染した人の情報などで、感染に対しての恐怖がかなり広がっています。
そして、追い打ちをかけるように鳥インフルエンザ発覚地域での卵の回収や鶏を殺して埋めるなどの情報が鶏肉や卵に関しての間違った恐怖心をあおっているかと思いますので、これに対しての正確なお話をしたいと思います。
まず、「鶏肉、卵はほんとに安全?」と言う点ですが、
間違いなく卵や鶏肉を食べることでは、感染しません。海外では、過去に鳥インフルエンザは度々流行を繰り返していますが、卵や鶏肉食べたことによる感染例は一度もないのです。
感染経路としては、インフルエンザに感染した生きた鶏に触ったり、鶏をさばく時に体液、血液に触れてしまった場合です。今回、卵を回収し鳥を殺して埋めたことは、感染の拡散を予防・防止するために行なわれていることなので、人への健康危害を危惧しての措置ではありません。もしもあなたが生きた鳥を買って食べるとすれば、感染はありえますが…
絶対無いですよね?ですから、鶏肉や卵から感染する機会はまったくないと思ってください。
マスコミの傾向として、鶏肉や卵の安全性に疑義を持たせるような構成にかなり疑問感じてます。少しでも安心して頂けたなら、今日から早速美味しい鶏肉や卵を食べましょう!
今後とも中村農場の鶏肉、卵をよろしくお願い致します。

中村農場 代表取締役 中村努



■鶏インフルエンザに関する情報はこちらから(農林水産省より)