山梨県 中村農場

鶏の羽

猫には毛、鶏には羽毛。

鶏の持つ「羽毛」にはいくつか種類がございますが、今回は羽毛と聞いてざっくり思い浮かんだ「羽」を頭の中に散らしてみて下さい。

今、あなたの頭に舞い遊ぶ「羽」は、おそらく鶏のヒナにはまだ生えていません。ヒナの羽毛は綿のように ぽわっぽわしています。

そんなヒナも成長していくにつれて、羽毛が生え変わります。最終的にいかにもな「鳥の羽」を手に入れるのです。

私たち人間には無い感覚。全身を包む綿のようだった羽毛がまったく変質してしまう。体温調節も可能となり、そのまま空だって飛べちゃいそうな気持ちになる事でしょう。


夏の暑のせいか、先ほどから変な事を書いていますが、最後に「人間として鶏の神秘に対抗する提案」と題してもっと変な事を短く3つにまとめます。

1・変化!「冒頭で頭に浮かべた羽を枚数分、やりたいこと・欲しいもの等、嬉しいものに変えてみましょう。」

2・調節!「軽い羽、重い羽、いろんな羽がある中で今一番キャッチしやすい羽があるはずです!手を伸ばして、あなたは何枚掴めましたか?」

3・空を飛ぼう!「手に残った羽こそが、今年の夏のフライトプランです!せっかくの夏なので、奇跡を起こしちゃう勢いで羽任せに空を飛んでみましょう!!」


今年の夏、もし神秘的な鶏に出会ったら、恥ずかしがらずにこう言ってやりましょう。

「人には羽が無いけれど、夏をエンジョイできるのさ!」\エンジョーイ!/

農場・小高
-  |  -  |  -
Pagetopへ