山梨県 中村農場

鶏はよく見ています

鶏は注目したものを見つめる際、片方の目でじっと見つめることがあります。

これは「単眼視」と呼ばれ、座りながら立ちながら静かにこちらを見てきます。かわいいです。

ヒナの鶏舎にて板囲いのお世話スペースを覗き込めば、すごい数のつぶらな瞳から視線が飛んで来るのです。妙な動きをすれば一斉に「ざらーっ」と音を立てて動き出すので慎重に動きます。

そんな鶏たち、ただ見ているだけではなく鶏舎に入った者をよく覚えています。
毎日鶏舎にお邪魔していると慣れてくるのか、警戒もある程度薄れてきます。
ただし、服装が少しでも違うと別人認定されてしまうのか警戒が強くなります。

梅雨に入った雨の日にレインコートを羽織って鶏舎へ入ると、明らかに普段より距離をとって逃げていきます。遠くからは単眼視の雨あられ!

服の色が派手なほど鶏にも派手に警戒されるので、主張しない色がいい具合です。


写真は赤鶏鶏舎に紛れ込んだ白いヤツ!紅白でめでたい。
梅雨ステップ!

農場 小高
-  |  -  |  -
Pagetopへ